読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なせば大抵なんとかなる

日々の中で考えたことをだらだらと書き記すブログです。

北東北地方の食料プラント化計画

北東北生まれの人々は、北東北の地に産まれた時点で人生が半分詰んでいる。北東北生まれの子どもたち。自分の両親の出身を思い出してほしい。片方でも関東出身の人がいただろうか。いた人。おめでとう。「詰み度」は半分止まりだ。 両親共に東北生まれの子ど…

生きることは、復讐だーLife is Revenge-

大学生活も残すところあと2か月と少し。4年間で築き上げた私の砂上の楼閣は、あっけなく崩れ去ろうとしている。就職活動も終わり、残されたわずかな期間を無為に過ごしている。社会に出る日は近い。 私には、夢がない。これといった目標もない。強いて言うな…

戦国無双・真田丸をプレイ中

ようやく卒業論文が一段落付いたので、久しぶりにゲームに時間を割いている。今は「戦国無双ー真田丸ー」をプレイ中。11月23日に発売したばかりの最新作。 今作では、幸村等の特定の武将には年代ごとの見た目の成長があり、シリーズファンとしてはとても…

エロとVRと肖像権と暴力

VRコンテンツの発展により、アダルトコンテンツもまた一歩先へ進むのだろう。すでにアダルトVRコンテンツは製作されているし、実用化も遠くないようだ。アダルトVRエキスポなるものも開催されていたように思う。 アダルトVRコンテンツでは何ができるのだろう…

病みツイを見るたびに思うこと

いやー良いものですね、病みツイ(病んだツイート)。SNSは自慰ツールであることをいつでもいくらでも再認識できる。 私が思うに、結局の所、病みツイは病んでる私かわいそう、かまってアピールなんだよね。なまじツイッターだから感情的に内容を反芻せず…

就活というギャンブル

スロースタートどころか周回遅れな気がしている、私の就活。今週は地元の企業を2社ほど受けた。 どちらも、一般常識・適性検査・面接のオーソドックスなタイプの採用試験だった。就活では、ライバルとなる相手がいるわけだが、そのタイプも様々だ。面接応答…

千の武器より究極の1。そして朱夏さん

AKBトライブを見てると、そう思うんだよなぁ。でも、「推し」という言葉を浸透させたAKBには、最大の敬意を払いたい。めっちゃ使いやすよね、「推し」。 そんなことより私は今、斉藤朱夏さんにハマっている。かわいい。とにかくその一言に尽きる。たぶん、私…

「死」に触れる~DEAD OR ALIVEでしかモノを考えないのは若気の至りなのか~

諸外国はどうか知らないが、日本では死に対する教育があまりなされていないように感じる。創作物等で見ることは多いかもしれないが、実際に死を感じる時というのは、身内が死んだ時ぐらいのものだろう。 若者がすぐ死ぬ、という投稿が話題になったのはいつ頃…

ぐちゃぐちゃハーモニー

劇場版ハーモニー視聴から一夜。見事に悪夢にうなされる。起きた時、深夜3時54分。無論、二度寝した。 ハーモニーは、私の死生観に多大なインパクトを残し、去っていった。というか、あの内容はショックを受けざるを得ない。 死生観を変える作品というの…

劇場版「ハーモニー」を観た

恐ろしくへこんだ。言葉では言い表せない「ああ~~~~~~~~~~~~~」という感覚が全身を駆け巡っている。 もう、なんなんだよおおおおおおおおおお!!!!!という感情的な叫びしか出てこない。ため息も出まくる。そんな作品だった。 圧倒的な死の…

BORUTOを見た話

レンタルDVDでようやく観た。90分弱で程よい長さ。思えば、NARUTOの映画を見たのはずいぶんと久しぶりだった。アニマルパニックで映画の記憶は途切れているので、7~8年は見ていなかったと思う。原作は忍界対戦編あたりから読むのを再開した。ペイン編がす…

相棒と、ボーイミーツガール。そして孤独

弱冠21歳、今まで友人と呼べる人はいろいろいたが、相棒と呼べる人はほとんどいない。相棒は、親友と言い換えてもよい。 思うに私は、相棒と呼べる人を欲しているのかもしれない。大学生活では、終ぞそのような人は現れなかった。あと半年、これから現れる…

データ整理とタブレット端末

最近、卒論を執筆する中で、PDFなどのデータに目を通すことが多くなっている。それをまとめたり、印刷して眺めたりしていく中で、一つ思ったことがある。「この作業、タブレットならもっと楽でコンパクトなんじゃね?」と。 私は、データ等は手元に持って逐…

ブログと羞恥心とエネルギー

今日は初めて友人にこのブログを見てもらったのだが、発生すると思っていた羞恥心がかけらも発生しなくて驚いた。私は意外と、羞恥心がないのかもしれない。 なぜ羞恥心が発生すると思い込んでいたかといえば、ブログは己の内面をさらけ出す側面も持っている…

私と銃

「私と刀」 この記事で語ったように、私の中には、刀を持った小さな私がいる。以前はリトル私と呼んだ気がするが、どうやら専門用語では「インナーチャイルド」というらしい。 そんな私のインナーチャイルドには、銃を持っている私もいることに最近気づいた…

私と夏服

お題「夏服」 お題をスロットを使ってみた。何か書きたい!って気分だったので。 夏服といえば、私にとっては高校生の夏服が真っ先に思い浮かぶ。フェチズムとしての制服は大好きだ。主に2次元美少女とかの。美少女×制服×日本刀とか大好物だ。その制服の延…

いまさらながらシン・ゴジラ

やっとシン・ゴジラを見た。なかなか時間が取れず、見損ねていたので。 事前情報をほぼ入れずに見たので、とても新鮮な体験をすることが出来た。 ありがとう庵野。 ネットでも、ネタバレ回避をしてくれる人が多かったので、情報規制に苦労しなかったのはあり…

私と刀

私の中には、小さな私が住んでいる。二重人格とかではなくて、サッカー選手の本田圭佑が言っていたような「リトルホンダ」みたいな、「リトル私」ってやつだ。 そのリトル私の手には、必ず日本刀が握られている。ただ握っているわけじゃなく、ポーズがたびた…

良いアニメには良いサントラ

私の持論として、良いアニメには良いサウンドトラックが付き物と考えている。単に好みの作品のサントラが好きという場合もあるが。以下、私の好きなサントラ列挙。 TVアニメ「結城友奈は勇者である」オリジナルサウンドトラック ・日常BGMも戦闘BGMも最高。…

私と截拳道(ジークンドー)

私は截拳道(ジークンドー)を個人的に学んでいる。全国各地にある公式アカデミーでの学びは行っていない。 私とジークンドーの出会いの原点は、赤松健の「ラブひな」だったと思う。主人公の師匠にあたる男性が、これの使い手だったのだ。その頃は、そういう…

島村卯月(アニメ版)は不幸にならなければならなかったのか?

今更だが、当時から今に至るまで、抱いている思いが結構ある。その一つだ。アニメ版の島村卯月はあそこまでけちょんけちょんにされる必要があったのか、と。 アニメ2期で、卯月はおよそ考え得る不幸を一身に背負う羽目になる。自分の普通さに悩み、周りはど…

ソードアート・オンラインを読破した話

先日発売された、アリシゼーション・ラスティングをもって本編が完結したSAOシリーズ。ハリウッド版の制作や、10月発売のゲーム最新作など、話題には事欠かない。 3日前に読み終えたのだが、読後感の気持ちよさは半端ではなかった。まさしくゲームクリア…

ネットの海をたゆたう

インターネットを「海」と捉えている人たちって、年代的にはどの層なのだろうか。私自身は20代前半なのだが、漠然と「ネットは海」という感覚を持っている。 ネットの海で泳ぎ始めて早10数年。小学1年生の頃に、家にWindows98がやってきた記憶がある…

逃避と貪りと創造

卒論が終わらない。正確にはあと半分。就活が終わらない。これは一ミリたりとも進んでいない。しかしブログを書く時間はある。 私は大学生活の半分近くを惰眠に使ってしまったという負い目がある。というのも、私の通う大学は資格取得者がメインを占める学校…

働きたくないでござる!けど金は欲しいでござる!

自分がこんなにダメ人間だとは思わなかった。私は現在大学4年生で、職場探しの真っ最中なのだが、田舎学生なので働く場所がない。条件を気にしなければあるにはあるのだが、新卒で15万以下とかそんなのばかり。ぶっちゃけ15万あれば浮き沈みのない生活…