読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なせば大抵なんとかなる

日々の中で考えたことをだらだらと書き記すブログです。

病みツイを見るたびに思うこと

雑記

 いやー良いものですね、病みツイ(病んだツイート)。SNSは自慰ツールであることをいつでもいくらでも再認識できる。

 私が思うに、結局の所、病みツイは病んでる私かわいそう、かまってアピールなんだよね。なまじツイッターだから感情的に内容を反芻せずに吐き出せてしまう。短絡的な快楽に導いてくれる病みツイは、人間の汚い部分も素晴らしいと再認識できる。良い。闇の部分も肯定できれば、また一歩進める気がする。

 病みツイを見て、後で恥ずかしくなったりしないんですかね?私は、SNSに書き込んだものを後で消すくらいなら書き込むな!派なので、いつも、自分にとって恥ずかしくないと思える書き込みを心掛けている……つもりだ。病みツイもしてない……はず。

 病みツイしない代わりに、私は叫びツイをしてしまっているので、感情のベクトルは違えどやっていることの程度は同レベルなので、あまり病みツイもバカにできない。

 病みツイを見て、自ら叫びツイをして思うのは、やはりツイッターは感情を感情のままに吐き出すツールなのだなぁということ。良いツールですね。